超美味しい肉団子スペイン風アルボンディガスって?作り方やレシピは!

   

ミートボールの料理のレパートリーって言われると、

あなたはどんなものを作りますか?

肉団子の甘酢?

確かに中華のイメージが強いのか甘酢くらいしかすぐには思いつきませんし、

家庭でも甘酢を作っているんでは?

確かに美味しいしご飯のおかずにもいいですが!

でも世界にもミートボールの料理は結構あるんです。

今回はスペイン風のミートボール料理アルボンディガスを作ってみました.

スポンサーリンク

スペイン風肉団子(albóndigas)

スペインのバルではどこでも見かける料理らしいです。

作り置きしてあり注文が入ると温めて出してくれるんだそうです、

日本のおばんさいみたいな料理なんでしょうね!

と言う事はいある意味家庭料理な存在だと思います、確かにいろんなレシピがありました。

今回紹介するレシピは、昔スペインの友人に教えてもらったものを紹介します。

起源は?

元々モロッコ料理が起源です。

モロッコ料理のケフタ・タジンが原型と言われています。

簡単に紹介しますね!

あなたもよく知っていると思いますが土鍋のタジン鍋の料理で、

ケフタは肉団子を意味します。

タジン鍋の料理はたくさんありますが、

モロッコの子供たちに人気がある料理みたいで

家によっていろんなレシピがあるみたいです。

基本はトマト味をベースにミートボールと最後に卵を入れます、

そしてパプリカやターメリック等のスパイスも入りますが

クミンシードは欠かさないみたいですね。

またこの肉団子本当にスペインのアルボンディガスとそっくりです!

 

名前の由来は?

名前の由来はアラブ語のal-bundoq(アル・ブンドク)ヘイゼルナッツが語源と言われています。

ブンドクは、小さくて丸くて茶色い物の愛称として使われる言葉で、

肉団子をそう呼んでいたみたいです。

 

先ほど書いたモロッコのケフタ・タジンとの違いは、

コリアンダーの代わりにイタリアンパセリを使い、ニンニクが多いみたいです。

そしてスペインの肉団子アルボンディガスは、

細かなパン粉または小麦粉を付けて揚げてから煮込むとひと手間かかっている点です。

では作り方を!

スポンサーリンク

アルボンディガスを作る

 

家庭料理なのでいろんなレシピがあるみたいですが、

私が教えてもらったのはパプリカが入ります。

(色々調べましたがパプリカが入るのは少ないみたいでした)

材料は

肉団子4~5人分の目安

合挽きミンチ……500g

卵……1個

たまねぎ……200g

人参……50g

ニンニク……25g

パセリ……適量(できればイタリアンパセリがいいんですが)

生パン粉……40g(食パンでもいいです)

牛乳……80㏄

松の実……50g(結構値段が高いのでクルミやピーナッツ・アーモンドなんかで代用してもいいと思います)

塩・胡椒

後は好みのスパイスを(参考にミントやオレガノ・タイム・グローブなどなどあるようです)

 

煮込み用ソース

トマト水煮……700g

たまねぎ……220g

ニンニク……20g

白ワイン……200㏄

パプリカパウダー……適量(無くても構いませんよ)

オリーブオイル……60㏄

トマト……1個

色んなレシピが存在しますので

何度か作って自分の好みのレシピを作ってみてはいかがでしょうか。

今回の分量や材料は基本的と考えてもらえればと思います。

 

作り方は

 

まずは肉団子

松の実は乾煎りしておきます

ほとんどハンバーグを作るイメージでいいです!

人参と玉ねぎはみじん切りにして炒めておきますよ。

みじん切りは初めにこんな風に薄くスライスして切れば手早く細かく切れます、

玉ねぎも同じように

パセリもみじん切りにしてすべての材料とミンチを合わせます。

 

ア~!パン粉は牛乳と合わせておきましょう、

本来は食パンと合わせてふやかして作るみたいです。

 

後はゴルフボールぐらいに丸め小麦粉または細かめのパン粉を付け揚げます。

まわりに壁を作るイメージでいいです、

後で煮込みますので中まで火が入っても大丈夫です。

 

出来ればオリーブオイルで揚げた方が風味も良くなるんですが、

勿体無いのでサラダ油に少し混ぜてもいいと思います。

 

ソースを作ります

トマトフォンディユを使っても簡単に出来ます

トマトフォンディユ⇒トマトソースはイタリアとフランスは違うの?サルサポモドーロとトマトフォンデュは同じ?

万能ソース?トマトフォンディユを使って!カポナータを簡単にできるの?作り方やコツは?

トマトフォンディユに白ワインを入れパプリカパウダーと

トマトの粗切りを加えてもほとんど同じものが出来ちゃいます。

 

オリーブオイルにニンニクと玉ねぎを入れよく炒めます、

大体10分位でいいんじゃないでしょうか。

そこにトマトのぶつ切りを入れ炒め、白ワインを加え煮込みます。

クッキング用の白ワインは煮詰めても甘みが出にくいので、

少しだけ砂糖を入れるといいですよ!

 

パプリカパウダーとトマトの水煮(ミキサーでよく混ぜておきます)を入れひと煮立ちしたら、

揚げて置いた肉団子を入れ弱い火で煮込んでいきます。

肉団子に火が入ったら完成です。大体15分位ですね。

フライポテトを添えるのがスペイン風らしいです。

 

おわりに

肉団子と言えば中華風をイメージしますが、時にはこんな肉団子料理み如何でしょうか?

今回はスペイン産の赤ワインと頂きました

相性が良くて本当に美味しく食べました。

翌日は余ったミートボールでパスタ!!

これもメッチャ美味しいです、是非あなたにも作って食べてもらいたい料理ですよ!

では!では!

 

最後までお付き合い有難うございました。

 

運営者  春眠

スポンサーリンク


 - 肉料理(牛・豚)