美味しい炒飯のレシピは?家でも作れる?お店の調味料や分量は?

   

スポンサーリンク

焼き飯!チャーハン!手軽に作れて誰もが好きだと思います!

簡単そうでも、なかなかお店のようには出来ないのが現実ですよね!

あなたは、何が入っているんだろうと思った事がありませんか?

確かに一流店のような材料は無理かもしれませんが、

リーズナブルなお店の調味料は、高価なものは入っていません。

今回はそんな合わせ調味料で、手軽にお店の味に出来たらと言う記事です!

 

焼き飯とピラフの違いは

結構どちらも区別なく言っているようですが、

厳密には全く違う料理です!

簡単に言えば、炒飯・焼き飯は炊いたお米つまりご飯を、

ラードや油でいろんな具材と共に炒めた物です。

よく知られているので、似ている物はナシゴレンが有ります。

 

ピラフと言うのは、洗ったまたは洗っていないお米を、

バターやオリーブオイルなどで炒め、いろんな具材と共に炊いたものです。

よく知られているのに、パエリアなんかがそうですね!

炒飯を美味しく作るコツは

なんといっても中国料理ですから、強い火力が大事ですが、

家庭のコンロではお店のような火力は有りません、

そこで作る量を少なめにすると言う事になります。

 

またパラパラにならないからと、炒める時間が長いのもNGです。

なぜなら炒め続ける事で、ご飯の水分が出てきて逆にベチャっとしてしまいます。

 

ですので出来るだけ短時間に仕上げると言うのも美味しくするポイントになります。

またパラパラにするコツとして卵を入れて、半熟のうちにご飯を入れ

卵でご飯をコーティングして油の吸収を防ぐと言う方法も有ります。

 

以前は炒める前に、ご飯と生卵を混ぜておいて作ると言う方法も紹介されていましたが、

家庭ではあまりうまくいかないですね!

 

家庭で美味しく作る最も効果的なのは、出来るだけ短時間に仕上げるのが、

最も効果的だと思います。

 

その為にするポイントは味付けで、

時間がかからないようにするのがいいんじゃないかと思いますね!

 

そこで合わせ調味料を作っておくことで、味付けにかかる時間が短くなります。

ではその合わせ調味料はと言う事になりますが、

餃子の王将風にしてみました。

スポンサーリンク

 

炒飯の合わせ調味料(餃子の王将風)

まず材料と分量ですが、かなり近い味が再現できたと自信を持っています。

王将の炒飯は特別美味しいとは?言えないかもしれませんが、

時々餃子と食べたくなってしまう味です(関西人なら?)

 

では、

濃口醤油……180㏄

日本酒……90㏄

砂糖……小匙1

鶏ガラスープの素…小匙2

オイスターソース…小匙1

味の素……少量

 

 

なかに入れる材料は、あなたの好みでいいでしょうが、

卵と角切りの焼き豚に青ネギは入れたいところですね!

 

作り方は上に書いているようにポイントを押さえなが作ればいいです!

もう一度簡単に書いておきますね。

 

油をフライパンに入れて、出来ればにんにくと少量の生姜のみじん切りを入れ、

香りがしたら好みの材料を入れます。

青ネギは味付けした後の仕上げの段階で入れた方がいいですね。

溶いた卵を入れ、半熟の状態に成ったら(卵は材料と混ざらないように手前に!)

出来るだけ短時間に仕上げるために、冷えた御飯ならレンジで温めておいたご飯を入れます。

塩・胡椒で軽く味付けし合わせ調味料で仕上げ、少しごま油を入れます。

 

とりあえず出来るだけ強火で短時間に仕上げるように心がけましょう!

個人的な好みで言えば、少しオイスターソースは多めの方が美味しく感じます。

合わせ調味料の材料はメーカーや値段によって多少は違いますが、

おおよそ近い味が再現できたと思います。

 

最後に

炒飯は手軽で誰もが好きな料理のひとつですよね!

また残ったご飯や冷蔵庫の余った(?)ものを利用できるのもいいですね。

ここで紹介した合わせ調味料をベースにあなた好みの炒飯を作ってみては如何でしょうか!

オイスターソースをXO醤にしてみたり、ごま油をネギ油に変えてみたり、

なかに入れる材料をエビやカニにしたりとバリエーションは広がると思います。

トマトとレタスの炒飯も結構おいしいですし、写真の炒飯はシンプルにニンニクの炒飯です。

本場の調味料が入っているようで、辛味の中に旨みも有り、

この炒飯が結構おいしかったのを覚えています!

多分こんな調味料も少し使っていると思います。

あなたの考え次第でどんどんレベルアップして、

きっとお店で食べるより美味しい炒飯が出来るかもしれませんね!

 

運営者  春眠

スポンサーリンク

 

 


 - コツやポイントの記事, 料理, 料理その他