海老の下処理の仕方

   

 

海老の下準備の仕方

 

スポンサーリンク

海老の下準備の仕方です。

エビチリやエビフライなどに応じて下準備をしましょう。

エビ12左から、皮をむいただけ 筋切  完全に伸ばした状態

ほとんど同じ大きさのエビでもこれだけの長さが変わります。

エビチリなどは左で、エビフライは一番右側の方がいいでしょ!

手順

 

エビ1

画像の数字は、エビの大きさを表してます。8-12と言うのは、1ポンド(450g)に8尾から12尾入ってていると言う事です。

最近は何尾入りと言う表示を見ることが有ります、これは1kgあたりに何尾入っているかと言う事になります。

例えば20尾入りは、8-12とほぼ同じ大きさになります。

 

先ずしっぽの処理ですが、形を残す場合と残さない場合です。

形を残すのは和食に多いですね、例えば天ぷらとかです。

エビ2

エビ3

次に、残さない場合(家庭ではこの方が楽で、黒いのが飛び散らずにきれいにできます

エビ4

エビ5どちらもしっぽの先に入っている水分を抜くことが目的です(揚げるときに、はねるのを防ぐためです)

またとがったところを切るのは、危ないからですね、ここには雑菌が多いので刺さると、軽い炎症を起こす時が有りますので気を付けてくださいね。

皮をむいていきます

頭の方から剥いていきます、お腹の方を上に向け 親指で剥いていき

エビ6

しっぽのところはしっかりと押さえて剥きます

エビ7

背ワタを取ります

背中から約3分の1くらいまで包丁を入れしっぽの先のところまで切ります。

エビ8

筋切です

エビ9

大体 身の半分くらいまで切り込んでいきます。頭の方からしっぽまで何か所か切ります。

エビチリなどやピラフなどの時は必要ないですね!

後は軽く握って完全に筋を切ってしまいます(この時プチプチってなるのでそれが完全に切れたことになり、エビフライにしても曲がらずまっすぐに揚がります)それに口に入れた時にちょうどいい大きさに切れるので、硬く感じにくくなります。

 

運営者   春眠

スポンサーリンク

 


 - 料理その他