フライポテトを上手に揚げるコツは?油の温度やカリッと揚げる方法は?

      2016/10/20

スポンサーリンク

フライポテト!食べるとやめられない美味しさが有りますよね。今回はコツと味のバリエーションについて書いてみました!

美味しく作る手順

皮つきでもいいんですが、今回は皮なしでの手順で!

簡単そうに見えますが(簡単ですけど)理屈を知らないと美味しく出来ない料理のひとつですね!簡単に見える料理ほど失敗しやすいのもです。

1.まず皮をむいて水にさらします。あまり長く出なく周りのデンプンを洗い流すイメージで、これは仕上がりを少しでもきれいにするためです、まわりにデンプンが多いと先に焦げて黒くなるのを避けるためです。

2.水気をリードペーパーなどでふき取ります。油に入れた時に水気が有るとはねて危ないので!

%e3%83%95%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%9d%e3%83%86%e3%83%88%ef%bc%91

3.出来るだけ低温の油で揚げます。ここが美味しくフライポテトを作る1つ目のコツです、理由はポテトが美味しくない?の記事に書いています。簡単に説明しますと低温で時間をかけた方が甘みが出ます。

%e3%83%95%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%9d%e3%83%86%e3%83%88%ef%bc%92

上のポテトが大体120~130℃位で揚げたもので、下が160℃で揚げた物です。上げるタイミングは、取りだして食べて芯が無いか、または指で潰れるかが目安です。少し寝かします(時間を置きます)その間に余熱でゆっくり火が通ります。

4.次に油の温度を上げます、180℃がベストですね。ここがコツの2つ目です、中はしっかり甘みが出るようにゆっくり加熱されていますから、次は高温で周りをカリッと揚げます。油の鍋の大きさの3分の1以上は入れないようにしてください、温度が急激に下がりますし元の温度になるまでに時間がかかってしまい高温で揚げていることにならなくなってしまいますので!

5.揚げ終わったら熱いうちに塩をします、この時できれば高い位置からした方が均一になります。これもちょっとしたコツですね。

%e3%83%95%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%9d%e3%83%86%e3%83%88%ef%bc%93

バターも入れると何とも言えず美味しく仕上がります、2度揚げですが本当に美味しくなります。ボールなどで混ぜる時にここち良い音がしていれば最高の出来です、おかずの付け合せでも最高ですし、ビールなどのおつまみにもいいですよね。

中はふわふわで甘みが有り、外はカリッと香ばしく出来ます。お店に決して負けなく出来ます。

スポンサーリンク

バリエーション

付け合せにもいいんですが、おつまみとなると塩味だけではちょっと淋しいですね、今回はカレー風味とシナモン風味もを作ってみました。

%e3%83%95%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%9d%e3%83%86%e3%83%88%ef%bc%94分かりにくいかもしれませんが3つの味の盛り合わせです、子供にはシナモン風味が人気が有りました。

色んな味で楽しむ事が出来ますよね!シンプルにケチャップなんてのも捨てがたいですけど、明太子と合わせるのもいいんじゃないかって考えてみました。今度試そうと思います。ほかに何かこれはおいしかったよってあれば、是非コメントなどで知らせてくれれば本当にありがたいことです。

最後に

美味しくするには低温で、これが1番のコツになります。さらにおいしくするには油ににんにくとハーブをいてて油自体に風味を付けるとさらにおいしくフライポテトが作れます。この時ニンニクは皮つきで丸ごと半分に横に切って揚げます、このニンニクもホクホクして本当に美味しいですよ。

ハーブはタイム、ローズマリーなどが一番相性がいいですね!

ただこのやり方は油がほかに使いずらいですけどね。

 

運営者  春眠

スポンサーリンク


 - 料理その他