ラング・ド・シャって?卵白が余った時作りたいお菓子!作り方やレシピは?

   

スポンサーリンク

ラング・ド・シャ(langues de chat)って聞いたことがあると思いますよね!

北海道の定番お土産の「白い恋人」なんかがそうです。

卵白が余った時なんかに、使い道が、、、と思ったら作ってみてはいかがでしょうか!

卵白を使ったお菓子は以前、コンゴレと言うお菓子を紹介しましたが、

それに比べればずっと簡単ですし、材料も揃えやすいですので!

ラング・ド・シャって?

ラング・ド・シャ(langues de chat)フランス語で「猫の舌」と言う意味です。

基本的には細長く作る事で猫の舌の形に、似ていることから

この名前になったそうです。

北海道の「白い恋人」は、これを四角くしてチョコレートを挟んだ物なんですよね!

また丸めてシガータイプのものも、時折見かける事があります。

卵白を使ったお菓子なので、卵白が余って

「どうしようか?」って思った時に作るといいと思います。

以前、コンゴレと言うお菓子を紹介しましたが、材料も揃えやすいし

わりと簡単に作る事が出来ます!

コンゴレの記事はこちら⇒

ココナツパウダーを使って簡単に出来る焼き菓子は?ロッシェ・コンゴレってなに?作り方とレシピは!

また「白い恋人」のようにホワイトチョコレートを挟んだり、

生地にフルーツの香りや味を付けるなど、

あなたのセンスでアレンジするのもいいと思います。

今回オレンジ風味のラング・ド・シャを作ってみました。

スポンサーリンク

材料は!

基本的な材料は同割です。

甘めがお好みなら砂糖を10%増やせばいいですね。

卵白が余った時に重さを量って、それに合わせるようにします。

材料としては、バター・小麦粉・砂糖(グラニュー糖)・それに卵白です。

今回の分量は卵白100gを基本にグラニュー糖だけ10%増やした分量です。

これで直径5cm程度のものが、30枚ほど作れます。

作り方は

今回はオレンジ風味のラング・ド・シャですのでオレンジの皮を刻んだものと、

その汁を煮詰めた物を加えました。

分量はお好みでいいです、ほんのりでも、しっかりオレンジ風味でも、

あなたがイメージした味で量は調節してみて下さい。

今回は卵白100gに対してオレンジを2個入れてみました、結構オレンジの味がする味に仕上がりました。

オレンジの皮を白い部分を丁寧に包丁で削り取り、刻みます。

面倒なら卸してもいいですね!

常温にしたバターをポマード状によく練り、2~3回に分け砂糖をよく混ぜ合わせます。

 

ここに卵白を入れていくんですが、決して一度にたくさん入れないように注意してください。

完全に混ぜながら加えて下さい、でないと分離してしまいますので!

卵白が入ったら小麦粉を加えていきますが、練り込まないようにします。

ホイッパーをゴムべらやスパテラに変えてさっくりと混ぜます。

この時にオレンジの刻んだ物(またはすりおろしたもの)と煮詰めておいた汁を加えます。

プレーンなものを作る時には小麦粉だけです。

これで生地の完成です。

出来れば冷蔵庫でしばらく休ませた方がいいです!

天板にクッキングシートを敷いて、絞り袋で細長く絞るか、スプーンで載せるかして焼いて行きます。

生地は少し間隔をあけるようにします、焼いて行くと広がってきますので!

170℃のオーブンで約10分で焼きあがります。

最後に

如何でしょうか?

結構簡単でしょ!

卵白を使ったお菓子は結構あります。

当然卵黄を使うものも多いですけどね!

アングレーズソース(カスタードソース)ヤプリンなんか作ると、

どうしても卵白が余ってしまいます。

アングレーズについてはこちらをどうぞ⇒絶対知っておきたいソース・アングレーズとカスタードクリームのコツや作り方とレシピは?

そんな時は冷凍しておいて、

暇を見て作ればいいんじゃないでしょうか!

 

運営者  春眠

スポンサーリンク


 - お菓子, 焼き菓子(クッキー等)