淡路産たまねぎの蜜玉って?本当に美味しいの?食べ方は?

   

スポンサーリンク

あなたは、淡路産たまねぎの蜜玉って聞いたことが有りますか?

淡路の玉ねぎは美味しいとよく聞きます、蜜玉と言う玉ねぎだけでなく、

ザ!鉄腕!DASH! (2015年4月)をはじめ、月曜から夜ふかし・報道ランナーなどでも紹介された、

「てっちゃんのたまねぎ」って言うのも有りましたが、最近はこの蜜玉が脚光を浴びてきているみたいで、

ズームイン!!サタデーやよ~いドン!など今年(2017年)紹介されてみたいです。

そこで本当に美味しいのか実食してみました。

個人的な見解ですので、その点はよろしく!!

淡路産たまねぎの特徴は?

淡路島で、最もスタンダードな品種が中生(なかて)種です。

これは秋(9月末)ごろ、種をまいて10月から11月に田んぼに植え替えます。

そこで冬を迎えるんですが、この時寒さに耐え根をしっかり張るんです、

温かくなってくる3月頃から徐々に育ち始め、栄養をためていきます。

5月~6月にかけて葉が倒れ始めたころが収穫の時期になるんだそうです。

 

これはほかの地域より長い時間がかかっているそうで、

真冬は土の中で大きくならずじっと耐えて、春の気温と共に大きくなると言う事で、

 

長い期間土の中にいる事が「淡路島たまねぎ」の甘さの秘密と言われています。

 

中生種は土の中で完熟して収穫されるので、水分が多く保存には向きません、

そこで保存性と美味しくするためにひと手間かけます。

玉ねぎ小屋に吊ったり、コンテナで干す作業を1か月以上します。

またこの自然乾燥する事で色艶が増し、甘みと旨みが増すんだそうです。

 

たまねぎの種類

淡路島のスタンダードは中生(なかて)種です。

他にはどんなのが有るんでしょう?

 

極早生(ごくわせ)種…4月上旬から下旬に収穫されます。

早生(わせ)種…5月上旬から下旬

極早生・早生種は、みずみずしく生で食べるのがお勧めですが長期の保存は出来ないのが欠点です。

 

中生(なかて)種…6月上旬から7月上旬

中生種は早生と晩生の中間的なたまねぎです、辛味も少なく生でも食べやすく、加熱での甘みも十分にあります。

保存性もいいです。

 

晩生(おくて)種…7月下旬以降

辛味が強く生で食べるには、よく水にさらしたり塩で揉んだりしなければ食べずらいです、

しかし加熱すると甘みが強くなります、また長期保存にも適しています。

スポンサーリンク

美味しい玉ねぎの選び方は?

美味しいたまねぎは、扁平の物でなく出来るだけ丸いのを選びます。

それは極早生や早生種を長期保存している可能性がありますね、

これらの種は水分量が多いので保存期間が長くなると、水分が抜け平たくなる事がありますから!

 

外皮は良くしまっていて、光沢があり首が細く、根の短い物がいいようです。

保存が悪く直射日光が当たったものは首の部分が少し青みかかっている場合があり、

根が長い物は、旨みが根から逃げていることが有ります。

 

触ってみて首がしっかり固く重みが有るものが、肉厚で美味しいたまねぎです。

 

淡路島以外の多いたまねぎの特徴を少しだけ紹介しておきますね。

北海道産

北海道のたまねぎは貯蔵性が良い晩生種が多く、加熱する料理に向いています。

佐賀県産

佐賀県は干拓地が多いため、土にミネラル成分を多く含んでいます、

その為甘みが強く柔らかくみずみずしい物が多いです。

 

長々と前置きが長くなりましたが、蜜玉の実食した感想を!

蜜玉の味は?

まず生で食べてみました、生で食べる時の美味しく食べる切り方は

基本的には、繊維に対して直角に切ります。

そうする事で細胞がこまかくきられ、辛味の成分の硫化アリルが空気に触れ揮発して辛味が和らぎます。

たまねぎの辛味などは次の記事を参考に⇒

スパイスの基礎知識パート2!辛みのスパイスって?効果的な使い方って?

今回は繊維に直角と、沿った二通りで試してみました。

 

水にさらさず、ラップはせずに20分ほど放置してさっと水洗いして食べてみました。

正直な意見としては、どちらも結構辛く感じましたが、辛さの伝わり方が違いました。

繊維に直角なのははじめ甘いと感じてすぐに辛味が口に広がってしまいましたが、

後を引かなかったです。

沿って切った方は、少し時間が経ってから辛味が広がってきて、結構後々まで辛味が口に残りました。

 

スライスして塊のまま放置したのが原因かもしれません(?)

広げてもっと空気に触れさせれば、辛味はもう少し和らいだのかもしれませんね!

でも、スーパーなどで売っている玉ねぎと比べると、旨みは有りましたよ。

 

次に加熱してみました。

丸ごと切り込みを入れ、ラップに包んでレンジで3分加熱してみました。

 

これはメッチャ甘かったです!!

チョット甘すぎじゃないかって感じるほどでした!

と言う事はオニオンスープなんかにすれば、今まで作っていたより数段美味しく出来るんじゃないかと

期待が膨らみます、もう少し寒くなったらオニオングラタンスープを作ってみます!

 

多分加熱する料理には、甘みが十分程有り旨みも有ると想像できます。

料理によっては分量を変えなければ、甘さが邪魔してしまうかもしれませんが、

より美味しく料理が出来る期待感は有ります。

 

試行錯誤は有るでしょうが、美味しいたまねぎだと言う事はわかりました!!!

(日本一かどうかはわかりませんが、

マスコミに取り上げるのはわかる気がした、玉ねぎでした)

おわりに

なかなかスーパーなどでは、見かけませんが、淡路島の道の駅などでは売られているようです。

もし手軽に購入する方法がわかれば、すぐにお知らせしますね!

サラダなどの生で食べるには、あなたがあの辛さが苦手と感じてるのなら、

少し無理かもしれませんが、今までのたまねぎよりは甘みを感じられると思いますし

料理に使えば、今まで以上に美味しく出来ると思いますよ(多分!)

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!!!

 

運営者  春眠

スポンサーリンク


 - 料理その他