うつ病・情緒不安定には生活習慣だけでなく、食材の効果でも改善できる?

      2018/04/17

うつ病!あなたは大丈夫ですか?

ちょっと最近イラついたり・疲れが取れ取れにくかったり・寝つきが悪くなったり・

喉が渇いたりってことないでしょうか?

もしかしたらそれは、うつ病の初期症状かも知れませんよ!

私もいつもの事だからと、我慢していましたが先日お医者さんと話す機会があり

やばい!と感じこんな記事を書いてみました。

もしあなたもそんな感じでしたら、少しは役に立つと思います。

スポンサーリンク

うつ病の症状って?

うつ病には精神面と肉体面があるんだそうです。

肉体面より精神面が結構きついですよね!

初期の段階では、なんとなくやる気が無くなり、

今まで好きな食べ物があまり美味しいと思えなくなったり、

何となく体調が悪い気がするんだそうです

 

では心のうつ症状はこんな感じです。

 

抑うつ気分

朝に特に気分が落ち込む・突然悲しい気分になってしまう・希望を持てない

 

思考の低下

集中力がなくなって、何事も効率が落ちてくる・些細な判断がしにくくなる

注意力が無くなり、人の言う事がすぐに理解できなくなる

 

意欲の低下

今まで好きだったことや趣味に興味が無くなってくる

友人と話したり合う事が面倒になってつまらなく感じてくる

 

遠くへ行きたい・消えてしまいたい

 

体の方は、あまりよく寝れなく疲労感や倦怠感がつづいたり、

動悸・息苦しさ・口が渇くと言った症状が見られるようです。

 

どうでしょうか?

あなたは大丈夫ですか?

こんな時代、そんなのはいつもの事だと思ってませんか?

正直私は、そんな症状は現代では当たり前と思っていたんですが、

どうも今回はいつもと違い、動悸がしたり急にどこかに消えられたらなんて考える事がありました。

でもお医者さんの言うのには、

「自分で何とかできるうちはいいけど、

重くなってくると自殺の原因になりますよ」

スポンサーリンク

 

うつ病発症の仕組みは?

脳から「食べる」「寝る」などの基本的動作の命令をしますが、

「意欲」「記憶」などの感情を伝えたり知的な部分も命令しています、

この情報を伝えているのが「神経伝達物質」と呼ばれるもので、

この中に「セロトニン」「ノルアドレナリン」「ドーパミン」

が気分や意欲・記憶などの感情をコントロールしています。

ストレスなどによりこれらの量がうまくコントロールできず、

うつ病の症状があらわれてきます。

うつ病に効果的な食材って?

セロトニンやノルアデレナリン・ドーパミンについては、

なぜうつ病を発症していくのかの仕組みについては別記事で詳しく紹介します。

そしてセロトニンが夜にメラトニンを生成し安眠につながる事についても!

記事を更新しました⇒情緒不安定・睡眠不足・だるい?もしかしたらそれはうつ病の初期症状かも!

 

今回はうつ病改善の食材について紹介していきますね!

その前にセロトニンと言うものを含む食材は存在しません。

じゃ!どうするといのかと言う事になりますよね。

 

セロトニンを生成するトリプトファンと言う必須アミノ酸を採る事になります。

この物質、魚・肉・緑黄野菜や大豆など、結構いろんな食材に含まれています。

摂取量の目安は50kgの体重の人で一日約100㎎ほどです。

参考にサーロインステーキ100gに大体160㎎・牛乳200㏄に80㎎

マグロ100gに300㎎・野菜類は50㎎前後ほど含まれています。

ただ動物性たんぱく質はトリプトファンを脳に運ぶのに少し障害があります。

またセロトニンを生成するのにはビタミン6と炭水化物が必要になります。

 

効果的な食事の改善は?

確かにタバコやお酒の飲み過ぎやストレス!

不規則な生活もセロトニンを減らしてしまう原因の1つです。

食事からこれらの事を少しでもカバーする方法は、決して難しい事でなく

朝食を洋風ならヨーグルトにバナナやナッツを載せた物と牛乳とパン

和風ならできれば豆腐入りの味噌汁と納豆(卵を入れるとより効果的)にご飯!

これでトリプトファンとビタミン6に炭水化物がとれます。

普通の朝食を取ることが、うつ病予防だったんですね!

だだし朝食の時間は決まった時間に食べ、

そしてよく噛むことで、脳に刺激を与えより効果的です。

 

朝はバタバタで、朝食をコーヒーだけとか、よく噛まずに流し込むように食べてませんか?

もしなんだか最近、自分で異変を感じたらもう一度しっかり朝食を食べているか

考えてみてはいかがでしょうか?

最後に

もしあなたがうつ病の初期症状かもしれないと感じたら、

しっかり朝食を取れる時間に起きて、

よく噛んで朝食を抜かないように

最低3カ月は続けると効果がしっかりあらわれてくるんだそうです。

自分は違うと思い込んで、重症になれば取り返し出来ないですし、

不安でイライラがつづき落ち込む日々も辛いものです。

 

毎日が私も不安が無く落ち着いた日々を送り

仕事に生活に充実できる様にしたいと思います。

 

今回うつ病について色々、話を聞いたり調べた事がありますので

うつ病についてのなぜの記事を出来るだけ早く書きます。

そこには食べ物がいかに大切なのかとかうつ病のメカニズムを知る事で

自分をコントロールできるようになると思います。

それは最近私が感じているので!もしあなたがそうならばきっと役に立つと感じます!

 

最後まで読んでいただき有難うございます

 

運営者  春眠

スポンサーリンク

 


 - 健康