ホワイトディにお返しにマシュマロは簡単に作れる?よく似たギモーブとの違いって?

   

今年ももうすぐホワイトディですね。

ホワイトディはいつの間にかマシュマロをお返しと言う風習になっています。

マシュマロ!なんとなく家で作るって・・・・無理と考えてしまいますよね。

何故なんでしょうか?

シュークリームやショートケーキは作ったりするのに、なぜかマシュマロは心の中で無理と決めているような気がします。

でも本当はメッチャ簡単に出来るデザートのひとつなんですよね。

あァ~!それとマシュマロとよく似たお菓子のギモーブとの違いも紹介しますね。

スポンサーリンク

いつもの通りちょっと雑学からの紹介を!

マシュマロの名前は?

マシュマロ・・・・なんと不思議な名前の様な感じがしますよね!

あなたはしませんか?

マシュマロ・・・なんだか得体のしれないそれでいて何となくかわいい感じの名前!

これは単純に植物の名前そのものなんですよ。

和名の植物「薄紅立葵/ウスベニタチアオイ」の英語読みなんです。

今でこそゼラチンで固めて作っていますが、本来はこの植物の根っこのでんぷんを利用して作っていたんです。

 

この植物は英語ではmarsh mallow(マーシュマロー)と言いそのままこのお菓子の名前となりました。

この植物は古代エジプト時代から知られていて、王族はすり潰してノドン薬として使っていました、

今でも若葉や花はハーブティとして飲まれています。

 

それではギモーブとは何ぞやと言う事になりますよね。

あまり見かけないかもしれないので知らないかもしれませんが、

マシュマロの色んな色のカラフルなお菓子です。と言えば「あ~あれか!」と思うかもしれませんね。

マシュマロとギモーブの違いは?

ギモーブをどうしても思い出せないあなたのために!こんなお菓子ですよ。

 

「あーこれか見たことあるなぁ」との声も聞こえてきそうですが、

マシュマロに比べ手間がかかり(実際フランスでも昔ながらの作り方では少ないみたいです)

 

さて本題です!ギモーブ!

実はマシュマロとほとんど同じものなんですよ。

名前の由来は植物の英語読みだったのに対してこちらはフランス語読みと言う事です。

フランス語でguimauve/ギモーブと言います。

 

違いは何だと言う事ですよね。

違いは英語読みかフランス語読み化の違いなので、明確な違いがないと言うのが正直なところですが、

 

 

マシュマロは卵白を使い、ふんわりととした食感で、

ギモーブは卵白を使わずフルーツの裏ごしたものを入れてしっかりフルーツを強調したものとして区別しています。

 

 

 

ホワイトディとマシュマロの関係は?

ほとんどの人は知っていると思いまいますので、当然あなたも知っていると思うんですが、

ホワイトディは日本独自のイベントです!(海外ではありませんと言うか、まねしてやっているところも増えてきていますが)

 

簡単に紹介すると、福岡の石村萬盛堂と言う店が昭和52年に

「バレンタイのお返しにマシュマロを!」ちう企画をデパートと共同で始めたのが起源と言われています。

今でも石村萬盛堂の「鶴乃子」と言うマシュマロの中に餡を入れたようなお菓子は福岡の銘菓として有名です。

スポンサーリンク

マシュマロを作ってみよう

さてさてここから家でも作れるマシュマロです!

実際作ってみればわかりますが、本当に簡単です!

なんでこれを家では無理と思い込んでいたんでしょうね?!

 

材料は(結構この分量で出来ます20個ぐらいは)

卵白……1個(Mサイズ)

水……50g

グラニュー糖……50g

粉ゼラチン……7g

水……20g

バニラエッセンス……適量(なくても大丈夫ですよ)

コーンスターチ……適量

 

作り方は

イタリアンメレンゲを作りますよ。

メレンゲに関しての記事はこちらにありますので参考まで

メレンゲの種類は?イタリアン・スイスメレンゲなどの作り方と使い方は?・安全性は?

水50gとグラニュー糖50gでシロップを作ります(できれば110℃に煮詰めます)

その間にメレンゲを作っておきましょう。

マシュマロ2

しっかり角がたつメレンゲになったところに熱いシロップを少しづつ入れながらよく混ぜていきます

(イタリアンメレンゲですね)

そこに戻して置いたゼラチンを加えさらによく混ぜます、バニラエッセンスを入れるならこのタイミングで!

(メーカーによってはそのまま入れる事の出来るものもありますのでよく読んで使いいましょう)

粗熱が取れ少し固まってくるくらいになれば、絞り袋に入れコーンスターチをまぶして置いたものの上に絞ります。

太さはあなたのお好みで!!

冷蔵庫に入れ冷やし固めます。

(今回温かいまま絞ってしまったので丸くならずペッタンコになってしまいました!でも味は美味しいと言う事でした)

バージョンとしてはゼラチンを入れる前にフルーツのピュレを入れる事で、ギモーブのように作れます!

味付けはフランボワーズ・青りんご・マンゴ・紅茶などなどあなたのお好みを入れればいいですね!

ジャムでもOKですし、あんこなんか入れれば和風マシュマロ(ギモーブ)ですね!

ピュレを使うときは一度加熱しましょう!

最後にひと言

いろんなレシピサイトがありますが、

メレンゲに卵白を入れると言うのが多いですがこれでは加熱する工程がないので日持ちに少し疑問が残ります、

当然食中毒のリスクも!!

ここはできればイタリアンメレンゲで作る方法をお勧めします。

 

最後までお付き合いありがとうございました

 

運営者  春眠

スポンサーリンク


 - お菓子, 冷菓(ムース・プリン・ゼリー等)