しっとりジューシーなロースハムは低温調理器で簡単に家庭で作れる!?

   

スポンサーリンク

シットリしたロースハムは本当に美味しいですよね!

買うとなるとちょっと値も張ります。

それなら、

「ジューシーでしっとりした美味しい豚ロースのハムが作れたらいいなぁ」って思いませんか?

低温調理器が有れば、出来るんです!!

今回は本格的に美味しいしっとりした豚ロースのハムを作ってみました。

ジューシーでしっとりしたロースハム!

あんなの家で作れないって思い込んでいませんか?

低温調理器が有れば本当に簡単に作る事が出来ます。

この器械、国産品が無かったようなんですが、最近売り出されています。

この器械です、画像をクリックすると公式サイトに移動しますので、是非一度見て下さい。

見るだけでしたらなにも損はしませんよ(笑)

今までは、外国製が主流だったようですが、国産なのでカタログ等取り扱いも日本語なので助かります。

またいろんなレシピ―の紹介も有ります。

豚ロースハムを作る前に知っておきたい低温調理の知識?

低温調理するといろんな食材を美味しく出来る料理法の1つなんですけど、

作る前に少し基礎知識が無いと、今まで従来の高温での調理で無いので、

戸惑う事になるかもしれないので是非一度読んでおいてください。

まとめ記事を書いていますので!!

もしこれを機会に低温調理でいろんな料理を作ってみようと思うのなら、

特に衛生面(食中毒に関して)の加熱温度と時間の関係は知っておいた方がいいです。

 

もしあなたが面倒だなって感じているのなら、

この記事に書いてある通りに作れば問題も起きる事はありません。

 

低温調理についてのマトメ記事

低温調理の加熱温度や時間・向く料理や食材等まとめ記事!!

スポンサーリンク

メッチャ美味しいしっとり・ジューシー豚ロースハムを作る

家庭で自分で作る料理はまず安心で、自分の好みの味付の料理にする事が出来るに限りますよね。

今回作るハムも既製品にも確かに美味しくて安心安全な物も有りますが、

そう言ったものは少し値が張ります。

じゃ~いっそのこと作ってみましょう!!

美味しい自家製ハムの材料は?

豚ロース……300g

(クールブイヨン)

人参……50g

玉ねぎ……100g

水……400㏄(400g)

塩……32g(水の8%)

砂糖……16g(水の4%)

ローリエ……二分の一枚(無くてもOK)

玉ねぎや人参は皮やクズでも結構ですし分量も正確でなくても大丈夫です。

ほんのり野菜いの甘みが付くイメージです。

 

またあなたの好みのスパイスを少し入れるのも有りですよ!

時間はかかるが簡単にできるロースハム!

始めにクールブイヨンを作ります(厳密には違うんですがここではこう表現します)

豚ロース以外の材料を鍋に入れ、15分ほど沸騰させます(静かに)

漉して冷やします。

これと豚ロースをビニール袋などに入れます。

豚ロースはフォークなどで突いて置くと、塩気や味がしみ込みやすくなります。

この状態で最低一晩冷蔵庫に入れておきます(今回は丸1日置いて置きました、と言うより少し忙しかったので)

 

塩抜きをします、水を10分ごとに入れ替え1時間30分~2時間(又は少しずつ流した流水で)

よーく水けを拭きとりジブロックへ

いろんなサイトでは、水につけながら出来る限り空気を抜きながら締めると言うのが有りますが、

私はストローを差しておいて吸いながら締める方法を取っています。

さぁ~ここから今回の主役の1つ低温調理器の出番です。

今回の豚ロースの厚みが約3.5cmだったので63.5℃で3時間35分でセットしました。

 

後はタイマーがなるまで放置です、火を使いませんのでテーブルの上でもどこでも出来ます。

ただ我が家には やんちゃで好奇心旺盛な小太郎がいますので、隔離する必要はありますが!!

この子です!!!

タイマーがなったら後は出来るだけ早く冷やして完成です!!

まわりはなんだかシットリしているようには見えんせんが、切ってみると

綺麗なピンク色でしっとりジューシーに仕上がっています!!

おわりに

如何でしたでしょうか!

サラダ仕立てにして食べました、我が家族にもかなり好評で!

「今度からハムは買うのは止めるわ!生肉買ってくるからよろしく!」と!

喜んでいいのやら悲しむべきなのか?少し複雑な気持ちではありますが、

冗談抜きで美味しく出来ました。

今度は腿肉で作ってみようと思います。

それにはもう少し大きな鍋(?)と言うか、湯煎できるものを買う必要が有りますが!!

これを見ていたら作ってみたくなったんでは?

時間は確かにかかりますが、簡単ですしいろんな事をしている間に出来てしまいます。

これを機会にぜひ購入を考えるのもいいんじゃないかと!!

最後まで読んでいただき有難うございました。

運営者  春眠

スポンサーリンク


 - 低温調理, 料理