ドフィノワーズ?ドラマ99.9%で作っていたジャガイモのグラタン!作り方は?

   

ドラマ99.9%(2/11)で、松潤が作っていたジャガイモのグラタン!

フランス料理では昔からあるクラシックなグラタンです。

簡単ですが、チーズとクリーム・それにじゃが芋のシンプルで本当に美味しい料理!

正式なフランス料理名はジャガイモのグラタンドフィノワーズ風

Gratin de Pomme de terre à la Dauphinoiseと言います。

フランス南東部のドフィーネ地方の料理です。

スポンサーリンク

ドフィノワーズって?

グラタンと言えばホワイトソース(ベシャメル/sauce béchamel)を使って

結構こってりしたイメージですよね!

でもドフィノワーズはホワイトソースを使わない、アッサリしたグラタンです。

 

またドフィーネ地方の地方料理、

言い方を変えればその地方の家庭料理です。

ですからいろんなレシピが存在します、

チーズを使うんですがこれと!決まっているわけでも無いし、

生クリームだけとか牛乳と混ぜてとか、

中にいろんな食材を入れるレシピも見かけます。

 

ドフィーネ地方ってどこなの?

ドフィーネはフランスの南東部リヨンとプロバンス地方の間の地域です。

赤色で囲った辺りです、ちなみにパリは緑色で記した所になります。

この地方は山岳部では牧畜、平野部では乳牛飼育や穀類が主な農産物です。

(自然も美しくまた雪の多い地方なので、スキーヤーが多く訪れる地域でもあるらしいです)

その為にジャガイモ(穀類)と牛乳や生クリームを使った料理が多くあります。

 

ドフィノワーズグラタンの作り方や材料は

まずエスコフェの解説を参考までに書いておきます。

オランダ産じゃが芋1kgを細かく薄切りにして鉢に入れ、塩・胡椒・卸したナツメグ

溶いた卵1個、沸かした牛乳750㏄、卸したグリエールチーズを加えてよく混ぜ合わせる。

これをニンニクでこすってバターをたっぷりひいた焼き皿に盛り、卸したグリエールチーズを

たっぷりかけ、さらにちぎったバターをのせ中火のオーブンで40~50分間焼く。

オランダ産じゃが芋はおそらくビンチェと言う品種だと思います、これはメークインとよく似ています。

焼く1時間かかっていますが、もっと短い時間でも出来ます。

ゆっくり加熱する方がジャガイモは美味しくなるんですが、

茹でて作っても十分美味しく出来ます。

美味しくなるわけは⇒ジャガイモがおいしくない?ベークドはゆっくり加熱するのはなぜ?茹でる時は?

 

ではドラマに登場したドフィノワーズを作ってみましょう。

材料(目安3人分)

メークイン……250g(3個 小さ目)

男爵でもいいんですがメークインの方がお勧めです

エスコフェも言っていますよね!

生クリーム……70㏄

牛乳……100㏄

ニンニク……1カケ

バター……50g

塩・胡椒(ナツメグ)

チーズ……適量

じゃが芋はだんぜんメークインの方がいいです!

煮崩れせずしっかりした食感を楽しめます、男爵のようにホクホク感をと言うのであれば別ですけどね。

ナツメグは結構個性のある味なので入れませんでした。

スポンサーリンク

作り方

じゃが芋は皮を剥いてスライスします。

厚さはあなたの好みでいいと思います、

レシピでは薄く切るとか1cm位とか色々あります、それぞれ食感が違いますので!

今回は大体3㎜位にしました。

皮を剥いてスライスしたら水には決してさらさない様に!

デンプンが流れてサラサラのグラタンになってしまいますよ!

ジャガイモのデンプンで濃度が付きますからね。

鍋に入れ牛乳・生クリームそれに塩・胡椒(粗めの黒胡椒をおすすめ)して、

ゆっくり加熱していきます。

沸騰させないようにしましょう、煮崩れや牛乳が分離したようになります。

それにゆっくり加熱したほうが美味しくなりますからね

(美味しくなるわけはリンク先に書いてありましたよね)

水分が少ないので時折ジャガイモを上下入れ替えるようにしてください。

 

沸いてから大体7・8分位でいいと思います、少し食感が残っている方が美味しく感じられます。

ニンニクをしっかり塗った器に並べていきます(卸しにんにくのチューブを使ってもいいです)

上から煮汁をかけ、バター・チーズをのせます。

チーズはグリエールが味がしっかりして美味しいんですが、これも好みでいいと思います。

今回はグラナ粉とスライスチーズを使いました。

出来ればたっぷり乗せた方が、コクがあって美味しく出来ます。

後はオーブントースターかオーブンで(オーブンは210℃位で)

焼き色が付けば完成です。

おわりのひと言

ほんのりニンニクの香りとあっさりした味、でも生クリームとチーズで濃厚さも!

本当に食べ飽きない味のグラタンです。

何度も作って行くうちに、あなたの好みのレシピを作ってみてはいかがでしょうか?

ハーブを入れたり、ベーコンを入れてみたり、チョット塩味をとアンチョビもいいかもしれませんね!

 

以前書いたジャガイモのグラタンデルモニコ風を考案したシェフも、

確かこの近くの生まれだったと記憶しています。

デルモニコ風ポテトグラタン⇒最高のポテトグラタン!デルモニコ風って?牛乳とクリームとチーズで作る?

 

最後まで読んでいただき感謝します。

 

運営者  春眠

スポンサーリンク


 - 野菜